投資の神 ウォーレン・バフェット)氏の短期売買手法「上がれば強欲で売る」「下がれば恐怖で買う」「恐怖で買って 強欲で売る」

ビットコイン(BTC) 前代未聞の「売られすぎ」レベルに突入中だが上昇上抜けのブレイクで終わる可能性もありえる相場展開 その判断指標とは?

投資の神 ウォーレン・バフェット)氏の短期売買手法「上がれば強欲で売る」「下がれば恐怖で買う」「恐怖で買って 強欲で売る」

ビットコイン(BTC) 前代未聞の「売られすぎ」レベルに突入中だが上昇上抜けのブレイクで終わる可能性もありえる相場展開 その判断指標とは?

あなたはビットコインの市場心理の測る指標

ビットコイン(BTC)相場の過熱感の判断指標をご存じだろうか?

Crypto Fear and Greed Index = 恐怖&欲望指数(インデックス)

Greed Fear Cycle = 恐怖と欲望のサイクル

RSIは買われ過ぎ・売られ過ぎを判断するオシレーター系の代表的な指標のテクニカル分析

ビットコイン(BTC)は現在どのような相場状況にあるのか?今後、どのような価格帯、方向性に向かおうとしているのか? 解説していきたいと思います。

ビットコイン(BTC)のレンジ相場、上昇上抜けのブレイクで終わる可能性もありえる相場展開

2021年7月14日 現在、ビットコイン(BTC)は前例のない「売られすぎ」のレベルにあります。

ビットコイン(BTC) 前代未聞の「売られすぎ」レベルに突入中であり長いレンジ相場が続いている。多くの投資家の中でも、ビットコインは売られすぎていて、売りが更なる売りを呼び大幅な価格下落につながると考えている人もいます。

ビットコイン(BTC)の2021年5月中旬の価格低迷を予測したテクニカルアナリスト : ケイティ・ストックトン氏(Katie Stockton)が、現在のビットコイン(BTC)のレンジ相場は上方向にブレイクする可能性が高いと述べている。

テクニカル分析による投資家のリスク管理と投資の市場機会、投資の機会発見を支援する「フェアリード・ストラテジーズ社(Fairlead Strategies, LLC)」 創業者兼マネージング・パートナーでもあるケイティ・ストックトン氏(Katie Stockton)は、2021年5月12日に発表したレポートの中で、「横ばいの局面自体には中立だが、下降局面よりも上昇局面の方が可能性が高いと考えている」と述べています。

MACDヒストグラムを見ると、「中期的なモメンタムは改善している」とケイティ・ストックトン氏(Katie Stockton)氏は語っています。

ビットコイン(BTC)は5月下旬から$30,000 ~ $40,000のレンジで推移しており、この2週間でさらにレンジが狭まっているが、大きな動きも出てきており一転して強気の相場になる可能性があります。

週足チャートのMACDヒストグラム(トレンドの強さや変化を示す指標)は、2021年6月中旬に底打ちし、上昇に転じている。

ケイティ・ストックトン氏(Katie Stockton)は「ビットコイン(BTC)は中期的スパンで売られすぎの状態だが、それが$30,000を超える横ばいの動き(レンジ)を生み出しており、ビットコイン(BTC)にとって強力なサポートを形成している」と語った。

ケイティ・ストックトン氏(Katie Stockton)、協定世界時(UTC)で50日移動平均線(MA)の$35,500を連続して上回れば、アップサイドブレイクアウトが確認されるという。そうなれば、次の抵抗線である$44,000付近への道が開けてきます。

長い間、サポートとして鉄壁に保守されてきた$30,000ドルを下回れば、更に売られ売りが売りを誘発するチャートになる可能性もあるが、ケイティ・ストックトン氏(Katie Stockton)は「$30,000ドルを下回らないだろう」との考えを示している。

夏枯れ相場を暗示!?「ビットコイン(BTC)は24時間365日取引されているが、トレーダーはそうではない! 特に別荘を持っている人はね!」

北半球では夏を迎えていますが、これが暗号資産市場が勢いを失っている理由の一つかもしれません。

夏は金融取引の参加者が減り「夏枯れ相場」と呼ばれる相場格言の現象が起きやすい。

世界中の人々が夏休み(サマー・バケーション)に入ると、金融市場の動きが鈍くなり金融市場での取引が減少し、金融市場が閑散としやすく値動きが小さくりやすいのだ。

これを「夏枯れ相場」と言う。

金融機関の資産運用計画の基礎となる予測モデルを構築したり分析、ブロックチェーンやオンチェーン分析リソースである「グラスノード(Glassnode)」は、ビットコイン市場を「印象的に静か」と表現しました。

ビットコイン(BTC)の取引量は減少しており、デジタル資産金融サービス会社「EQONEX」社は、最近、暗号資産空間に参入した機関投資家が夏休みを取っていることが少なくとも一部の原因ではないかと考えている。

「EQONEX」社は7月12日付のニュースレターで、「2020年と2021年は機関投資家が暗号資産に参入した年だった」と述べ我々は彼らを祝福し応援した。しかし「私たちは1つのことを言い忘れていました。大手金融機関で働く人々は、夏休みが大好きだ」と夏枯れ相場を意識した発言を述べている。

「ビットコイン(BTC)は24時間365日取引されているが、トレーダーはそうではない! 特に別荘を持っている人はね!」

ビットコイン(BTC)の判断指標とは? 投資の神 ウォーレン・バフェット)氏の短期売買手法「上がれば強欲で売る」「下がれば恐怖で買う」「恐怖で買って 強欲で売る」高勝率短期売買手法を実践するタイミング


世界的大富豪のウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)氏の相場格言の一つ

投資の神様 ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)氏の短期売買手法 下がれば「恐怖で買う」上がれば「強欲で売る」の「恐怖で買って 強欲で売る」人間の行動学に基づいた永遠に機能する戦略を実践するタイミングに来ているのかも知れません。

また「エッジは恐怖と強欲から生まれる!?」という高勝率短期売買手法は有名なマーケット戦略である。

ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の投資における投資信条は「他の人が欲張っているときには恐れ、他の人が恐れているときには欲張れ」であり、この信条に基づいて再現性のある手法を作ることで巨額の富を築いてきた。

しかし、この言葉をよく耳にするものの、実行するのは容易ではありません。その証拠に、第二のウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)はまだ現れていない。

ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の投資の本質を深く見ていくと、ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)ほど人間の行動を理解している人はいないと言える。

ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)は、人はストレスを感じると非合理的になることを十分に理解し、その理解を投資に生かしているのだ。彼の手法を短期売買で再現できるようにしている。

投資の神様 ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett) の投資における信条とは?

① 恐怖心は、トレーディングにおける優位性を生み出します。

② 市場に恐怖心があればあるほど、エッジは大きくなります。

③ 欲もまた優位性を生み出します。

④ メディアやインフルエンサーは、多くのトレーダーや投資家に影響を与え、恐怖心や欲を強めます。

⑤ 機会損失(儲けるチャンスを失うこと)への恐れは、人に組み込まれた強烈な感情であり、買い手にとってはこれがエッジとなります。

⑥ バフェットの「恐怖で買い、貪欲で売る」というアプローチは、政治、経済、技術の変化にかかわらず、この四半世紀の間、うまく機能してきました。


世界的大富豪 ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)氏は、恐怖が高いときに買い、欲が高いときに売ることが最良の取引方法であることを、膨大なテストと実例によって検証してきた人物である。

この手法の優位性は、21世紀の激動の時代を生き抜いてきたことからもわかるように、今後も長く続いていくでしょう。

ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)氏からヒントを得て、ビットコイン(BTC)トレードでも人間の行動に基づいた「恐怖で買い、欲で売る」という自分なりの短期売買法を確立していく絶好の機会に直面しています。

投資の神 ウォーレン・バフェット)氏の短期売買手法「上がれば強欲で売る」「下がれば恐怖で買う」「恐怖で買って 強欲で売る」高勝率短期売買手法戦略を暗号通貨トレードにおいても実践するタイミングに来ているのかも知れません。

ビットコイン(BTC) 前代未聞の「売られすぎ」レベルに突入中だが上昇上抜けのブレイクで終わる可能性も充分にありえる相場展開ないのではないだろうか?また売りが売りを呼ぶ悪循環でもある狼狽売りによる暴落と底入れの判断も充分に注視していく必要があるといえるだろう。

>クリプトカレンシー キュレーションサイト

クリプトカレンシー キュレーションサイト

「世界の仮想通貨・暗号通貨・新国際デジタル通貨 グローバルポータルウェブサイト」

全世界対応 仮想通貨・暗号通貨・ブロックチェーン・ソーシャルメディア型総合情報まとめポータルサイト

暗号資産の総合ニュースサイト、世界情報発信基地(グローバルサイト)として主要の仮想通貨銘柄・名前・種類・特徴・ランク・変化率・流動性・値段・購入方法・時価総額・リアルタイムチャート・サプライ・ボリューム・ランキング etc ブロックチェーン技術・テクノロジー、デジタル通貨のトレード・売買に役立つニュース・コラム・トピック・記事、 全クリプトカレンシーのニュースサイトとして世界中の人々へ情報共有、バイラル発信します

スーパートレーダー・マーケターとして皆さんと共に月に行きましょう
仮想通貨・暗号資産 国際グローバルポータルサイト
GVMG - Global Viral Marketing Group

CTR IMG
error: Alert: Content is protected !!